制度を利用する際の注意点

teacher01_m日本には介護保険制度の様な弱者を保護する制度があります。この制度を利用することで日常生活におけるサポートにかかる費用や、住宅のリフォームにかかる費用の一部を保険で補助してもらえるといった利点があります。この制度を利用することで様々な恩恵を受けることができますが、その為には所定の手続きが必要で、この手続きを正確に行わないとせっかくの制度を利用することができないばかりか、思わぬ不利益を被ることがあるので注意が必要です。
介護保険制度を利用する場合には、利用する人が介護保険制度に照らしてその認定を受けなければなりません。この認定は地域の自治体に所定の申請書があり、この申請書に記入することで申請が受け付けられ、後程結果が通知されます。
また、要介護認定の場合には調査員が自宅を訪問しての調査及び医師の認定を経て、認定が行われます。要介護認定についてはその介護が必要な度合いによりその等級が分けられ、その等級に応じて介護保険の点数が変わり、保険による支援額が変わります。
その為、勝手な自己判断で介護サービスを受けたり、または介護保険をあてにした介護住宅の補助を申請しても、受け付けられません。介護福祉士の申請を持って保険の適用が判断されますので、この点が介護保険制度を利用する上での重要な注意点です。student02_l